企 業 概 要

社 名  株式会社ウィンズ・アーク
     Win's・Ark Co.,LTD
 
社名由来   
ウィンズ・アーク(Win's・Ark)とは「勝利の箱船」という意味です。
Arkとは「ノアの箱舟」と創業者の荒木隆夫の苗字「Araki」から由来します。
これからも成長、発展して行きたいと願いを込めて「Win」をつけました。
企業カラー  
企業カラーはグリーン(若草色 )オレンジホワイトです。
グリーンは「活力に満ちた若さ」
オレンジは「温かさと優しさの心」
ホワイトは「素直な心」を表現してます。
事業内容 
1、和洋菓子の製造卸
2、商品の研究開発
3、開発技術協力(国内海外)
経営責任者  
代表取締役 荒木 隆夫
〈主な所属団体、役職等〉
●NPO:全国町おこし振興協会(APAT)理事長
●NPO:日本伝統文化交流会会員
●NPO:生き物文化詩学会会員
●社団法人学士会会員 
●食品産業エルム会会員
●北海道大学恵迪寮同窓会
 東日本支部副幹事長
●日本馬術連盟会員
本社所在地  
埼玉県羽生工場 敷地面積 3,250㎡
〒348-0032 埼玉県羽生市大字秀安407番地TEL. 048-563-0691
FAX. 048-563-0692
営業倉庫   
埼玉県加須市 
〒347-0032 埼玉県加須市花崎4丁目16番地18号
資本金    42,000,000円
創 業    平成3年(1991年)2月20日

沿 革

1991年2月(平成3年)
会社設立 本社:埼玉県加須市花崎4丁目16番地18号 資本金2,500,000円
1991年7月 (平成3年) 
株式会社ウィンズ・アークの代表取締役に就任
◆創業者 総合食品素材メーカーを退職(大豆タンパク、製菓製パン原材料等の応用開発に従事)      
1991年8月 (平成3年)
本社工場を稼働 従業員5名
1994年11月(平成6年)
資本金7,500,000円に増資
1994年12月(平成6年)
特殊製法による焼菓子「乳菓」の量産化を開始、代表が前職に開発した技術(特許)を改良し量産化対応可能となる
全国の有名和洋菓子店PBのOEM商品として供給を開始
1995年11月(平成7年)
資本金10,000,000円に増資
1997年5月(平成9年)
工場を埼玉県羽生市大字秀安407番地へ移転し生産大増幅の為、トンネルオーブンを導入
1998年9月(平成10年)
冷凍パイ生地の実用新案所得(登録第3054594号)
既存品は製品的に優れているがコストが高いと言われていたが、完全手折りパイ生地の付加価値開発と量産システムにより、品質の安定性とコストの削減に成功(専用低温製造ルームと専用冷凍庫導入)
2001年6月(平成13年)
冷凍ケーキの生産を開始 特殊なデザート商品の開発と業務委託(協力工場)への機械貸与による生産開始
2001年12月(平成13年)
全商品ならびに新商品全てが手作り方式の実施し差別化を図る 
2002年10月(平成14年)
セラミック遠赤外線トンネルオーブン導入により安定品質の向上となる
2004年5月(平成16年)
本社隣接地約1,000坪の工場用地所得 安全安心と夢のあるお菓子作りを目指しユニークな工場建設に取り掛かる
2004年6月(平成16年)
本社を埼玉県羽生市大字秀安407番地へ移転。加須市を営業倉庫とする
2005年3月(平成17年)
新工場(本社)を稼働 工場直売店併設
2006年5月(平成18年)
全国各地の観光市場 土産商品規格を開始
2007年4月(平成19年)
資本金を40,000,000円に増資
2011年9月(平成23年)
資本金を42,000,000円に増資
2012年1月(平成24年)
量販店向け商品開発と製造を本格化
2013年10月(平成25年)
チーズケーキ、アップルパイ等の焼菓子の増産体制
2014年10月(平成26年)
多種多様な市場拡大 通信販売等の媒体の活性化
2015年10月(平成27年)
生産業務システム等を効率的なシステムへ変更
2016年1月(平成28年)
生産性向上の為、設備等の増資により生産高の向上と納期の円滑化
2016年2月(平成28年)
カタログギフト、訪問販売等向けの製品開発と製造の増産
2016年3月(平成28年)
ペットケーキ関連市場の拡大(厚生労働省管轄製品)